教育費

加入中の学資保険の解約に必要な物と解約手続きの方法

何がしかの理由から、学資保険の契約を持続することが難しくなるという場合もあります。
現在、学資保険に加入しているという人は、そのような場合に備えて、解約のために必要となるものや、解約手続きの方法を理解しておくことも大切になります。
このカテゴリーでは、学資保険の解約に関する情報をご提供しましょう。

経済的な事情から、保険料の支払いが難しくなるなど、何らかの理由によって、加入している学資保険を解約するケースも見受けられます。
学資保険の見直しや解約手続きは、必要なものを準備した上で、所定の方法にしたがって行なうことが必要となります。

まず、解約の手続きは、電話やホームページ上ではなく、直接、加入中の保険会社の窓口へ出向いて行なうのが基本です。
その際、契約者が自ら手続きを行なえば、負担することになるエネルギーや時間は比較的少なくて済むでしょう。
その一方で、契約者本人が手続きできない場合、委任状があれば、他の人が代わりに行なうことも可能です。

次に、学資保険の解約手続きをするためには、印鑑・窓口に行く人の身分証明書・保険証券・代理人が手続きする場合は委任状といったものが必要となります。
ただし、加入している保険会社によっては、他のものが必要となるケースも存在するので、前もって問い合わせておくことをおすすめします。

また、話は前後しますが、保険料の支払いが難しくなっても、解約をせずに乗り切る方法もあります。
例えば、一定の期間に渡って保険料を支払うのが難しい場合、「契約者貸付」という制度を利用することが可能です。
こちらは解約時返戻金の範囲内で、保険会社による貸し付けが行なわれるというものです。
借り入れた金額は保険料に充当され、後から返済することとなります。

加入中の学資保険の契約を解除するために必要なものや、解約手続きの方法について、解説してきました。
皆さんの中で、今後、その手続きをする可能性があるという人は、こちらで御紹介した情報を実生活の中で役立てていただければ幸いです。