教育費

契約前に学資保険の基本的な用語の意味を理解しよう

学資保険の契約をする際には、日ごろ慣れ親しんでいない用語に出くわす可能性が低からずあります。
そのような場面で、慌てたり、ミスを犯したりするのを防ぐためには、基本的な用語の意味を理解しておくことが大切です。
ここでは、学資保険とは何か、また、関連用語の意味を理解することの大切さを述べ、具体的な用語の意味を解説します。

保険で使われる言葉の中には、日常的な生活シーンの中で、馴染みの浅いものが少なからず存在します。
特に、学資保険の場合には、子どもが生まれてから、初めて加入するという人も多いため、契約に際して、意味の良くわからない用語に出くわすことも少なくありません。

そのように、保険用語の意味が理解できていないにもかかわらず、尋ねるのが恥ずかしいからと言って、知ったかぶりをして契約すると、保障内容が自分の想い描いていたものとは全く違っていたなどといったことになり兼ねないので、注意する必要があります。
そうした事態に陥ることのないよう、契約に先立って、説明された内容に不明な点があれば、必ず質問しておきましょう。
また、学資保険に関する基本的な用語の意味を、前もって自分で調べて理解しておけば、契約時のミスを防ぐことができます。
そして、すでに学資保険の契約をしている場合でも、それらの用語の意味を再確認すれば、加入中の保険を改めて見直すことが可能です。

学資保険の契約時に、「一時払い」という言葉の使われることがあります。
こちらは、保険料の支払い制度の一つで、新規契約の時点で、保険の契約金額を一括して支払う制度のことを意味します。

こちらでご説明したように、保険の契約をする前に、スタッフから受けた説明内容に不明点があれば、そのままにせず、必ず質問して解決しておきましょう。
また、契約前には、自分で基本的な用語の意味を調べて、理解しておいたりすることが大切です。
学資保険は無料相談できるところも増えています。
これから学資保険に加入しようと考えている人は、参考にしてみて下さい。