教育費

子どもの教育費などのために学資保険に加入する必要性

先のことを考えて、学資保険に加入することには、どういう意味があるのかという疑問を持っている人が見受けられます。
そういった疑問を解消するためには、学資保険の利点と注意事項の両方を理解し、それぞれに合った判断を下すことが大事になります。

そもそも、学資保険に加入する必要があるのかどうか、保険に入らずとも、自分で貯金をすれば、それで良いのではないか、などといった疑問を感じる人は少なからず存在します。
学資保険は、将来に於いて、子どもの進学スタイルによる必要な教育費の変動に対応するために役立ちます。
ただし、保険商品である以上、学資保険にもメリットとデメリットがあるので、それらを理解した上で、個人の特性に照らし合わせ、適切な判断をすることが大切です。

まず、学資保険の中でも、貯蓄性を重視したタイプのものに加入すれば、支払った保険料の総額よりも、多くの保険金を受け取ることのできる可能性が高まるという利点があります。
具体的に、どの程度の金銭的メリットがあるのかは、保険会社やプラン内容による違いもあるものの、おおむね1割ぐらいと言って良いでしょう。

次に、保障型の保険に加入すれば、子どもや家族が病気や怪我をしたり、死亡したりした場合に備えることが可能です。
また、いくつかの保障を兼ね備えた貯蓄型保険に加入して、貯蓄と保障という両方のメリットを享受するという方法もあります。

そして、貯金をしようという気持ちはあっても、手元に自由になるお金があると、ついつい使ってしまうという人にも、学資保険への加入をおすすめします。
この保険に加入すれば、一度払い込んだ保険料を引き出したり、契約を解除したりするには、それなりのエネルギーや時間がかかるので、金銭感覚のルーズな人も、お金を浪費してしまうリスクが低くなります。

今まで述べてきたように、学資保険に入れば、貯蓄や保障などのメリットを得ることができます。
ただし、一方で気をつけるべき事柄もあるので、その種の情報も収集した上で、一人ひとりの特性に合った選択をして下さい。