教育費

契約者や被保険者の死亡に際する学資保険の給付金

親が契約者、子どもが被保険者となっている学資保険では、親や子どもが死亡した場合に、どのような対応がなされるのかという問題が生じてきます。
まず、親にもしものことがあれば、特約が機能し、以後の保険料支払いは免除されます。
こちらでは、契約者や被保険者の死亡時における給付金などについて述べます。

契約者である親が死亡したり、不慮の事故に遭うなどして、定められた身体障害状態になったりした場合、学資保険の「保険料払込免除特約」が機能します。
こちらの特約によって、以後は保険料の支払いが免除され、保険料を払った場合と同じように学資金を受け取ることができるようになります。

元来、学資保険の利用目的は、経済的事情を抱えている家庭で、子どもの教育機会が失われるのを防ぐためなので、こうした救済措置が講じられます。
ただし、契約時に「一時払い」という支払い方法を選択し、保険料を一括して支払った場合には、保険料が免除されませんので、注意する必要があります。

また、学資保険の中には、契約者にもしものことが起こった場合に、育英年金が支払われるタイプの商品も存在します。
こちらは、先ほど述べた保険料払込免除特約と併用することができます。
ただし、当然のことながらそれなりに保険料の負担は重くなるなど、デメリットも存在します。

次に、被保険者である子どもが死亡した場合に、経過した月数や年数に応じて、死亡給付金、死亡保険金が支払われることもあります。
こちらは、生命保険の死亡保障のように手厚いものではなく、それまでに支払った保険料が払い戻されるというイメージのものです。
そのようにして、死亡保険金、死亡給付金が支払われると、その契約は消滅することとなります。

学資保険に於いて、契約者や被保険者にもしものことがあった場合の対応について述べてきました。
皆さんの中で、そのような事柄に疑問や不安をお持ちの方は、チェックして頂ければ幸いです。

学資保険の返戻率ランキングも参考にするといいでしょう。