教育費

契約時、学資保険の払込金総額の設定に際して

どうせなら、学資保険の保険料はできるだけ低く抑えたいというのは誰もが同じ思いです。
ただ、保険料を安くすることだけに気を取られると、受け取る金額が不足してしまうことにもなり兼ねません。
そういったリスクを減らすために、払込金の相場を理解することが大事です。

同じように学資保険に加入するのであれば、支払う保険料は少しでも安くしたいと考えるのが人情というものです。
そういった願いを叶えるためには、払込金の相場を理解しておくことが大切です。
払込金とは、保険会社に対して、保険料として納入するお金のことを意味します。
払込金の相場がわかれば、それを目安とすることができ、保険の契約に際してミスを犯すリスクが軽減されます。

一般家庭の人が加入している学資保険には月々9千円の保険料を支払い、200万円の満期学資金を受け取るタイプの商品が多く見受けられます。
そして、満期金を受け取る時期は、18歳時点に設定しているケースが多いと言えるでしょう。
こちらのプランの場合、払込金の総額は194万4千円となります。

ただし、払込金総額は、満期金の額や返戻率、祝い金の有無による違いもあり、全てのケースに当てはまる金額を提示することはできません。
また、満期金を受け取る時期、満期金の支払い方法によっても払込金額は変わってくる場合があります。
そのように、加入する保険プランによって、払込金総額は大きく異なるため、契約の前に保険員に確認しておくことが大切です。

そして、払込金総額をなるべく低く抑えて、受け取る金額を増やすためには、保険料の支払い方法として、一時払いを選択するのがおすすめです。
そのように設定すれば、保険プランによる違いはあるものの、月払いより2割ほどお得になる可能性があります。

これまでのご説明で、学資保険の払込金相場はあるものの、加入する保険プランによる違いが大きいことがおわかりいただけたでしょう。
したがって、保険員に払込金総額がいくらになるかを確認した上で、加入契約することが大切になります。